安全への取り組み

安全への取り組み

経営方針にも掲げている通り、弊社における「安全」への取り組みは最重要項目としています。 お客様が求めているものは、「安全」=「安心」であるという認識を常に持ち、信用を失ってしまうような「不安全行為」・「嘘」は厳しく律しております。

現場における安全への取り組み

  • 高所作業はまず最初に安全フックをかけ、指差し呼称することをルール化する。
  • 高所作業時は、作業責任者は作業をせずに、常に作業者全員の状況を把握することに専念する。
  • 高所作業時は、作業責任者が「安全帯よいか」と問いかけ、作業者に再確認する。
  • KY(危険予知)ミーティングで、安産帯フックをかける位置・かけ方を検討し、指示する。

現場における安全への取り組み

  • 作業者同士でお互いに注意し合えるように、定期的なミーティングで社内環境を整える。
  • 週1回1時間~2時間におよぶ定期ミーティングを実施し、反省点・改良点・現状について討議する。
  • 各現場作業責任者が毎回の議事録を作成する。

安全方針

安全ミーティングや安全道場を通じて、安全は会社経営の土台であることの理解を深め続ける。

計画

  1. 安全ミーティング計画策定
    災害事例横展開・テキスト講習等
  2. 実技訓練計画
    工場内排気ダクト工事・梁中空調ダクト延長等

行動

  1. 安全ミーティング実施

    担当者を交えて、連休工事検討会を実施。

    担当者を交えて、連休工事検討会を実施。

    工事事例を報告しました。

    工事事例を報告しました。

  2. 実技訓練実施

    実技訓練を実施。

    担当者を交えて、連休工事検討会を実施。

    プラズマ切断機・排気ダクト更新

    プラズマ切断機・排気ダクト更新。

検証

実技訓練検証

【 反省内容 】

  • 作業責任者は作業者に対して、解っているだろうと思って作業指示を出しているが、作業者はあまり解っていないように見える。
  • KY時に物・場所を作業者に解かるように説明して、責任者が作業者一人一人の作業担当を指示すると作業時の時間を短く出来ると思う。
  • 親綱の高さをもっと上にして作業をすればよかった。
  • 作業全体を見て、作責が作業者に対して作業指示が少ないのでもっと指示を出したほうが良いと思う。
  • 作業者の適切な配置を考えるべき。
  • 道具袋をローリングの上に上げていたが、足元において作業していたので吊る、掛けるなどして物の落下防止を注意し指示する。
  • セーフティーロックを使用しての昇降が、あまり出来ていないので昇降時のセーフティ、ロリップなどKY時に責任者が説明をしたほうがいいと思う。
  • 現場でのKY時の説明が不十分で、作業時間がかかってしまったのでもっと細かく説明していきたいです。

(研修旅行での安全ミーティング風景)

安全道場感想

【 反省内容 】

  • 安全帯の使い方が間違っていたことに気づいた。
  • 安全帯は自分の命を守るものと再認識できた。
  • 細部までチェック出来たことがいい機会だった。
  • 安全帯の不良箇所を見つけることが出来た。
  • 安全帯で命が助かっても腰骨を折る可能性があることが分かった。
  • 一年前に習ったことを忘れていることに気づいた。
  • リスクの無い場面で実体験できたことが良かった。
  • 安全帯をしていても危険なことがあると分かった。
  • 自分の安全帯が傷ついていることに気づいた。

実行

安全宣言して現場へ


作業者の危ない作業時、声をかけ安全作業を指示する。

一つ一つの作業をする前に安全等の確認、一人一人の作業者の安全を確保させて作業する事。

危険ポイントを必ず確認し作業する。

今までやってきた事を活かし自分だけでなく皆に協力してもらいやっていく。

作業前に一呼吸、安全の再チェック

1人はみんなのために、みんなは1人のために。

安全を再度チェックし作業する!!指示や注意を守り作業する!!

作業内容を再確認して危険ポイントを見落とさない。

周囲確認、声掛け確認

作業の対して危険な事を事前調査で徹底して追及する。

安全を徹底して確認する。