大矢設備の得意とする薄板多量溶接とは主に塗装プラントダクトやRTOダクト(蓄熱式燃焼脱臭装置ダクト)等の脱臭装置に使われるダクト技術です。
一般に厚さ1.4mm以上の鉄板溶接は施工できても、1.2mmの薄板鉄板への溶接を施すことはできません。大矢設備では厚さ1.2mmのアルミメッキ鋼板・SUS304亜鉛メッキ鋼板を使用し、熱に強く、強度を確保しつつ密閉性を高め、液体をダクト外へ漏らさないという特徴を持った溶接加工技術を提供しています。
その特徴から、現在はおもに自動車製造における塗装ライン用やRTOダクト(蓄熱式燃焼脱臭装置ダクト)等の脱臭装置用ダクトとしてご発注いただいており、大変喜ばれております。
大矢設備では今後、環境分野におけるダクト活用を視野に入れております。
まだまだ他にも耐熱性・耐圧性・密閉性の高いダクト工事の潜在需要が埋もれているものと確信しております。どうぞお気軽にご相談ください。

製品ラインナップ

新着情報

一覧はこちら